村岡民弥子の「いきいきライフクラブ」

ストレスなく、自然体で 充実した人生をいきいき過ごすこと。村岡民弥子がご提案します!

キャッシュバック申請の方法

ビバーチェプラン

ビバーチェプランは、

あなたの人生の不安を解決し、満足な日々を共に創り出すコミュニティです

キャッシュバック申請が出来るタイミング

サビアンのキャッシュバックは、「申請できるタイミング」が2つの条件によって制限されています。いつでも好きな時とか、30日ごととかではありません。

キャッシュバック申請ができるのは、

「初回店舗登録確定」(Submit Registrationを押した日)から
30日経過している

キャッシュバック申請合計額が、$125以上になっている

 

レシートの写真をメールで送るのも、このキャッシュバック申請のタイミングに行う必要があるので、
「30日ごとにレシートを送る」という事ではありません。

また、登録店舗数が10店舗に満たない場合、追加はいつでも出来ますが、
「最初のレシート入力後」は

「キャッシュバック申請」が出来るようになるまで、「店舗の削除」は出来ない

という事になっています。
(現在のところ、Store Listを開いて、Editをクリックし、登録されている内容を一つずつ消去して、その項目に新しい情報を記入する事をしていき、SaveStoreをクリックすると店舗の入れ替えが出来てしまいますが、本来の正しい使い方とは言えないので、あくまでも自己責任でこの方法での店舗入れ替えは行って下さい。)

 

いつになったらキャッシュバック申請できるの?

上記二つの条件を満たしているかどうかを確認する方法を説明します。

「店舗登録から30日」っていつ?

自分のサイトにログインをして、メニューバーの左から4つ目の「Cash Back」をクリックし、
日頃レシート入力をする時に最初に開く画面を出します。

クリックすると画面が切り替わり、

上記の日付または、「一番最初に買い物をしたレシートの日付」からか、
もしくは、

直前のキャッシュバック申請確定日から30日経過する事が、
キャッシュバック申請が出来る、第一条件です。

直近のキャッシュバック申請をした日の確認は、

クリックしても、「キャッシュバックウォレット」の全体の履歴が表示されていないので、
下記のように、適正な期間を選択して、横の黄色いボタンをクリックして、
表示期間を変更します。

この表から、自分の直近の「キャッシュバック申請日」を確認する事ができます。

 

今のキャッシュバック総額はいくら?

初回の買い物日や、直近のキャッシュバック申請日から30日経過していたとしても、キャッシュバック総額が$125以上にならなければ、

キャッシュバック申請をできる状態になりません。
$125に到達するまで、引き続き、「お買い物金額」の入力を続けて下さい。

上の画像の下部にある金額が、$125を超過していたら、
いよいよ、キャッシュバック申請が可能となります。

 

両方の条件をクリアしていたら、申請できる!

キャッシュバック申請の事をRedemptiionと言います。

レシート入力をする時にクリックするボタンのすぐ下にある、

Cash Back Account/Redemption をクリックします。

画面が切り替わります。経過日数と、キャッシュバック総額の両方の条件が整っていたとしても、

もう一つ、このボタンが押せるために、重要な注意点があります。

香港時間で、月曜日深夜24時〜土曜日正午の間にしか、このボタンは押せないのです!
日本時間では土曜日午後1時〜月曜日深夜1時が、ボタンを押せない時間です。

キャッシュバック申請ができる条件が整った上で、上記時間帯に、サイトにログインをして
この Cash Back Account/Redemption のボタンをクリックします。

 

キャッシュバック申請は、$125か$250ずつでしかできない

Redemptionボタンの右側にある、ボックスから、$125 か $250 を選びます。

但し、初回は、$125しかできないと決められています。

 

Enter Redemptionのボタンを押すと次の画面が出ます。

今回のキャッシュバック額$250貯まるのに、使われたレシート一覧が表示されます。

この表の上の英語の部分に、申請方法が記されています。

表の下に、薄緑色のボタンが追加されて、「2種類のどちらかをポチッと選び」薄緑のボタンを押すようになっています。

Chronologicalは、日付順という事で、一番古いレシートから順に金額を合計して、125ドルや250ドルを構成して、それらのレシートに対してキャッシュバックを申請します。

Optimizeは、最適化という意味で、レシート合計額から、切り捨てる端数を一番小さくするように、レシートを並べ替える事をしてくれる仕組みになっています。(但し、切り捨てる金額を最小にするという点のみで並び替えをするので、古いレシートが後回しにされ、次のキャッシュバックを迎える前に、キャッシュバック対象有効期限の70日を超過してしまう可能性もあるので、どちらのボタンを使った方がお得かは、ご自身できちんと判断して下さい。)

どちらを選択するかを決め「薄緑のボタン」を押したら、このページを印刷、PDFに書き出す、スクリーンショット、スマホできれいに撮影のどれかをして下さい。

 

そして、キャプチャ文字を入力して、「Submit Redemption」をクリックします。

キャッシュバック申請は、まだ完了していません!

30日以内に、下記の手順に従って、メール送信が必要です。

正しいキャッシュバック申請の方法

キャッシュバック申請のボタンをクリックし「確定」したからと言って、それでキャッシュバックを受け取れるようにはなりません。

下記の事を期限内に正しく実施する必要があります。

1、「Enter Redemption」のボタンを押して出てくる上記の画面(レシート金額一覧表)の画面の写真をスマホで撮影する、スクリーンショットを撮ってPDFにする、または、スキャンするのいずれかの方法で、保存し、「キャッシュバック申請メール」に添付する。

2、上記一覧表の買い物に使用したクレジットカード(デビットカード)の表面の写真を撮って、(名前と末尾4桁がキチンと認識出来るように)、同じ、「キャッシュバック申請メール」に添付する。
*この際、末尾4桁以外のカード番号については、テープを貼るなどして、写らないようにしても良い。

3、上記一覧表の順番通りに、保存してあるレシートの画像を並べて、同じ「キャッシュバック申請メール」に添付する。
レシートの画像は、一枚ずつ添付しても良いですし、枚数が多くて容量が多くなり過ぎると思われる場合は、一覧表の順番通りに何枚かずつ並べ、「写真を撮って」、その画像を添付して下さい。

上記、1〜3の画像を添付したメールを

件名に「自分のID番号(数字7桁)」のみを記入して
*ログイン時に数字ではないUsernameを使っている方も、ここでは、割り当てられている「数字7桁」を使って下さい。その「数字7桁」は、ログイン画面にWelcome Backという表示に続き、お名前と「ID:◯◯◯◯◯◯◯」と書かれています。

redemptions[IDの末尾の数字]@saivian.net宛に、送信します。
例えば、12345678の場合は、redemptions8@saivian.net となります。

全ての画像を1つのメールに添付して、送る必要があります。

 

万が一、カードを紛失したり、盗難にあったりして、キャッシュバック対象となるお買い物に使うカードをサイクルの途中で変更した場合には、銀行やカード会社から発行された「カード再交付」に関する手紙も、上記メールに添付する必要があります。

 

キャッシュバック申請メールの重要なルール

1、メールの件名には、ご自身のID番号が明示されていなければなりません。
万が一、ID番号が正しくなかった場合、キャッシュバックを受け取る事は出来ません。

2、「Retail(小売店舗)」での1枚のレシートの金額が、$300を超えてしまっている場合、キャッシュバック対象の上限を超える事になってしまうので、そのレシートの金額は$300として扱われ、一切の繰越しはありません。「Airline」と「Hotel」として登録してあるもののレシートの場合は、$3000まで認められるという区別があるので、ご注意下さい。

3、キャッシュバック申請の代行は認められません。キャシュバックバック申請は、必ずご自身の登録アドレスから、ご自身で行わなければなりません。

4、添付資料は、全て、1つのメールに収めなければなりません。

5、サイト内の「Submit Redemption」のボタンをクリックする事と、上記メールを送信する事の両方が揃って、キャシュバック申請となります。

6、ご夫婦でそれぞれアカウントを持っている場合、キャッシュバック申請を同じメールアドレスから送信する事は認められません。各自が異なるメールアドレスを持ち、バックオフィスに登録された各自のアドレスから送信する必要があります。

7、「キャッシュバック申請メール」は、「Submit Redemption」がクリックされた日から30日以内に送信される必要があります。

 

上記ルールの1つでも欠如していた場合、キャッシュバック時期が遅れるか、最悪の場合キャッシュバックが履行されない場合もありますので、

注意深く、必要事項を揃え、期限内に、「申請メール」を送信して下さい。
メール送信が完了すると、キャッシュバックウォレットの表示が下記のようになります。

 

登録店舗やお買い物の使用するカードの変更

上記に従って、「Submit Redemption」をクリックし、「キャッシュバック申請」をした日のみ

「前回登録した店舗の削除」や使用するカードの変更が可能となります。

 

その期限の確認は、店舗登録やレシート入力をする画面
「Cash Back」を開くと確認出来ます。

member-portal-store-update

 

既に、10店舗の登録をしてある場合は、先に、何かを消去(Delete)してから、

shop-delete-ok

 

すると、見覚えのある、店舗入力欄が出現しますので、初期登録の時と同じように入力し、「Add Store」をクリックします。

 

このようにして、新しいサイクルに使用したい店舗の登録をします。

使用するクレジットカードを変更したい場合は、そのまま、Payment methodも変更して、Saveをして下さい。

 

 

2017年3月3日はサンシャインシティへ!

2017年3月3日はサンシャインシティへ!