村岡民弥子の「いきいきライフクラブ」

ストレスなく、自然体で 充実した人生をいきいき過ごすこと。村岡民弥子がご提案します!

村岡民弥子ブログ

ビバーチェプラン

ビバーチェプランは、

あなたの人生の不安を解決し、満足な日々を共に創り出すコミュニティです

序列されない安心感

娘が自由の森学園中学校を卒業しました
image1-e1458006393890
 
「点数で人を序列しない」
 
「テストで勉強に追い込むのではなく、
学ぶこと本来の楽しみを経験する」
 
という理念のもと、定期テストを含め
一切のテストをしないという特徴を持つ
自由の森学園
 
 
自分の中学・高校時代を振り返ると
常に頭に「ああ、もうすぐテストだ〜」
という思いに追い立てられていた感覚を
持っているのです。
 
どうせ、一夜漬けで済ませるだけなのに
それでもいつでも「テスト」に急き立てられている
気分だったと思います。
 
その上、最後には高校受験という関所も。
 
 
それに比べて、娘の中学校生活は、
「テストに煩わされる」ことがないので、

本当に興味が持てることに

「思いっきり集中」できる

 

この環境こそが、
自分が何を為して人生を生きていけたら

幸せだと思えるのか?

 

の問いの答えを見つける時間に

なるのだと思います

例えば、卒業式の体育館の装飾

image4
今年の卒業式のテーマは「てんとう虫」

てんとう虫が、太陽に向かって飛ぶように、

それぞれの人生の「太陽に向かって」進んで行って!

 

という在校生からのメッセージです

この会場の装飾は、「会場係」の仕事

他にも、音響係、照明係、企画係、誘導係など

行事の度に、「自分のやりたい仕事」をやりながら

その過程を味わい、「好き」を探す環境があります

もちろん「何もしない」も自由

作る側に参加するからこそ味わえる「達成感」を

全く経験しないまま、卒業してしまう生徒もいます

生徒会活動に積極的に参加したことが

「内申点」で評価される

などということがないのですから

自分の人生は、自分で選べるよ!

 

どう見える人になるか

 

より

どんな感情を持って生きたいか!

 

その事を大事にして良い環境が

自由の森学園にはあると思います

だから、子どもたちのファッションも色々

image11

制服もないので、

「私はこう自分を表現する!」

素直に出せます

女子は、こんな感じで着飾っていますが、

男子には、普段と同じ、

ジーンズにトレーナーなんて子も

アニメのコスプレ衣装の子も

「わー、あいつ、あんな格好してる!」と

言われない安心な空間であると信頼しているから
普通の公立の中学校に通った私にとって
本当に羨ましい環境
4月からは、高校生
更に、人生についての深い洞察ができる年齢に

なっていくことでしょう

娘がどんな人生を生きるのか

彼女が主人公である舞台を、
彼女が脚本を書き、
彼女が演出をし
彼女が演じる
私は、その舞台の一番のごひいきとして

ずーっと一番前の席に座って

どんな場面にも、

惜しみない拍手を送り続けます

彼女が「学ぶ期間」を終えるまでは、
最大のパトロンの仕事も

もうしばらく続きますね!

あなたの「太陽」に向かって
高く高く飛んで行ってね
image2

2017年3月3日はサンシャインシティへ!

2017年3月3日はサンシャインシティへ!

facebookでのコメントはこちらへ